スポンサードリンク

子宮頸がんは20歳〜30歳で増加!

子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんがあり、子宮頸がんは子宮の入り口の子宮頸部にできるがんです。子宮頸がんは女性全体で見ると、最近では減少傾向にありますが、一方若い世代では子宮頸がんと新たに診断される方の割合が増えています。特に20歳後半〜30歳前半の方が子宮頸がんと診断される割合は20年前と比べ3〜4倍も増加しています。

がんは多くの場合、細胞の老化によって起こりますが、子宮頸がんの場合、性交渉で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)がかかわっていることが分かっています。

昨今の性交渉の低年齢化、多様化した性行動が、若い世代で子宮頸がんが増加していることに関係していると考えられています。このことを踏まえ、最近多くの自治体で20歳以上を対象にした子宮頸がんの検診が行われるようになってきました。

子宮頸がんの診断は、クラスT〜Xに分けられており、クラスVで細胞が変化した異形成と呼ばれる段階で、前がん状態とされています。

子宮頸がんは初期の段階では自覚症状がありませんが、子宮頸がんの検診を行うと細胞ががん化する前の細胞の変化も発見できます。また仮にがんであっても、早期であれば完全に治癒することができ、子宮も残すことができます。

子宮頸がんの検診は細胞診と呼ばれる方法で行われ、子宮頸部の細胞をこすり取るだけですみ、痛みもありません。

性交渉の経験のある方はできるだけ早期に、しかも定期的に子宮頸がんの検診を受診することを進める理由がここにあります。

ヒトパピローマウイルス(HPV)への感染

子宮頸がんにかかわっているとされているヒトパピローマウイルス(HPV)は性交渉を行うことで感染します。性交渉の経験者の半数は生涯に一度はこのウイルスに感染するといわれており、常在菌として持ち続ける人もいます。

従って、ヒトパピローマウイルスに感染していることは特別なことではありませんし、ヒトパピローマウイルスへの感染は、性感染症などではありません。しかしヒトパピローマウイルスへの感染が一般的なことであるように、どなたでも子宮頸がんにかかる可能性があるといえます。

ただしヒトパピローマウイルスへの感染=子宮頸がんになる、ではありません。
またヒトパピローマウイルスへの感染者9割以上の方は自身の免疫力でウイルスを駆除しています。

ヒトパピローマウイルスは約100種類のタイプがあり、その中でも10種類程度が特別なタイプで、子宮頸がんの発生にかかわっているとされています。これらのヒトパピローマウイルスに感染した一部の方で細胞が変化し、異形成になることがあります。

そして多くの場合、異形成になった段階であっても、その後ウイルスが消えて細胞も正常な状態に戻ります。従ってこれらが子宮頸がんになることは非常にまれで、一般的にウイルス感染から10年以上かかるとされています。

しかし急速に進行する例もないわけではありません。進行がんの場合、子宮、卵巣を切除せざるを得ないことも多く、子宮頸がんの発見が遅れたために亡くなる人もいます。子宮頸がんについても早期発見、早期治療がとても重要になります。

スポンサードリンク


【ブックマークに登録】
はてな MyYahoo! del.icio.us livedoorClip Google Technorati Buzzurl Digg Bloglines DRECOM niftyクリップ pookmark pingking Choix